菅官房長官の「事実か確認して質問を」にまたも国民の怒りが爆発か

2018年3月11日

菅官房長官がまた「やらかした」。

事実確認を含めた政府の認識についてした記者の質問に対し、

「事実かどうかまず確認した上で質問していただきたい」などと答えたそうな。

背景

安倍首相が獣医学部新設について、6月24日、突如「全国展開するぶちまけた。

そして、その理由が、「あまりにも批判が続くから頭に来て言った」と安倍首相が周辺に語ったとの報道が日本テレビ「真相報道バンキシャ!」でなされた。

菅官房長官への質問とその答え

6月28日の記者会見で、東京新聞の望月記者が菅官房長官に、上記の報道などを引用しながら、総理が語ったとされる「あまりにも批判が続くから頭に来て言った」について、政府がどのように受け止めているのか質問。

それに対する答えが「事実かどうかまず確認した上で質問していただきたい」だったという。

事実確認のために質問しているのでは?

新聞記者からの質問に「事実か確認してから質問しろ」って、何のために記者会見やってんだろうね・・・


誰がどう見たって、一番早くて間違いのない取材方法は、アンタに聞くことだと思いますけどね・・・

行政府は国民に対する説明責任を

産経新聞の見出しは「菅官房長官、東京新聞記者に『事実か確認して質問を』と苦言」とあった。

苦言を呈している場合じゃないでしょう。当事者意識、足りてるのかしら・・・

これ以上嘘をつけなくなって逃げてるとしか

菅官房長官といえば、いわゆる「総理のご意向文書」のことを当初「怪文書みたいなもの」と言い捨て、実在したことが判明した後で「怪文書という言葉が一人歩きした」と言い訳して批判されたばかり。

さては・・・

「『あまりにも批判が続くから頭に来て言ったという言葉が一人歩きした」はもう使えない・・・

とっさにそう悟って答弁から逃げたとしか思えませんな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

[kake]

スポンサードリンク

スポンサードリンク