痴漢冤罪に遭わないために保険に入る!? 羽鳥モーニングショー

2018年3月11日

2017年5月25日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、痴漢冤罪に遭わないための最新情報(それ専用の保険など)をやっていましたね。

忘れないうちにメモしておきましたので、ご用立てください。

番組で紹介していた保険とは?

まず、このコーナーの最後の方で紹介されていた保険ですが、「ちかんヘルプコール付き弁護士費用保険」というものだったはず(参照)。

保険料は年額6,400円(月額590円)で、「ヤバイ!」と思った時にその場で電話(ヘルプコール)をかけると、提携している弁護士に通じるようになっているとのこと。

それよりも大事なこと

もっとも、弁護士に電話が通じさえすれば「勝ち」と確定するわけではないので、あくまでオプションの一つとして捉えておくべき。

それよりも、痴漢冤罪予防のために知っておくべき最新情報・最新事情とは以下のようなこと。

「逃げるが勝ち」の時代は終わった

痴漢冤罪を疑われたら、「ひたすら逃げる」というのがこれまでの通説だったはず。

ところが、この考え方は「古い」そうで、

・今は、被害者の証言だけでは痴漢にはならない

・逃げると却って「逮捕」の口実を与える

といったことに加え、線路に降り立ったような場合は鉄道営業法違反になったり、威力業務妨害罪になったりする可能性も出てくるとのこと。

※緊急避難的な場面ゆえ、必ず罪に問われるとは限らないと考えられるものの・・・

相手の疑いを除去する

たとえば、所持しているカバンが女性の体に触れ、「勘違い」されたような場合は、ただ「すみません」だけではなく、「カバンが触れてしまってすみません」のように、相手の疑念を払しょくする努力をする。

相手と対峙することとなった場合

相手から激しく疑われ、相手からつかまれたような場合、振り払って逃げ出したくもなるわけだけど、こういう時こそ、「紳士的な振る舞い」を心がけるべきとのこと。

例えば・・・

女性が被害に遭った状況について話してもらい録音する

スマホを所持していて、ボタン一つ押しで録音できる状況にある場合、被害者女性に被害に遭った状況について話してもらい、録音する。

※例えば、女性が被害に遭った乗車区間、自分はその電車にはまだ乗車していなかったかもしれない。

自分の身元を明らかにし、この場を去る

本当に自分は悪くないのなら、きっと神様やご先祖さまが守ってくれるはず(?)

・・・なので、堂々と相手に名刺を渡すなりして「これから自分は会社に行かなければなりません」といった「日々の営みがある一人の人間」であることを相手に伝えるべき・・・とのこと。

スポンサードリンク

スポンサードリンク